国語の受験対策

医学部の国語の受験対策についてなのですが、国語は苦手という人がとても多い科目の一つです。現代文の勉強法が分からなくて悩んでいるという方は多いです。この現代文の勉強法としては、まず、読む力を付けてからそのあとに解く力を付けるようにするということが大事。解くための読むと、読むのは別のレベルで、読む力を身に付けることが大切と言えます。

国語でとても重要な読む力なのですが、これは、本を読むことでも鍛えることができます。現代文の読解力を高めるための本も多数発売がされていますので、そういう本を読んで読む力を鍛えていくというのも効果的な方法の一つです。

本によっては、読む力を高める方法は異なっています。難易度もそれぞれの本で異なってきますので、受験用の本を読みたいのか?などに応じて本選びをしてみるのも効果的です。簡単なものから読み始めていって、少し難しいものを読んでみても良いでしょう。

他にも、古文がありますが古文は古文単語や文法を覚えることが大切です。漢文は、早覚え速答法で勉強をしていき、何度も繰り返し繰り返し勉強をして覚えることが大事です。受験までに完璧に覚えられるようになるまで早覚え速答法で勉強をしましょう。